松井胃腸科クリニック院長 松井成生

ドクター・スタッフ紹介

院長プロフィール

松井成生 (まつい しげお)

昭和62年 3月 昭和大学医学部卒業
同年 7月 国立大阪病院外科(現国立病院大阪医療センター)において消化器外科、大腸肛門病および消化器内視鏡などを中心に研修
昭和63年 4月 大阪大学医学部第2外科教室入局
平成 2年 7月 関西労災病院外科医員
平成 3年 7月 大阪大学医学部第2外科医員
上部消化管(食道・胃)の研究室に所属し、食道がん・胃がんの外科治療や化学療法などの集学的治療およびそれらの研究に従事する。
平成 7年 5月 大阪逓信病院(現NTT西日本大阪病院)外科医員
消化器外科、消化器内視鏡を担当する。
平成 7年 10月 学位取得(胃癌細胞の浸潤転移機構の研究;医学博士、大阪大学医学部)
平成 8年 1月 NTT西日本大阪病院勤務の傍ら大阪府立成人病センターにて胸部外科(肺縱隔外科手術)の研修を1年間行う。以後NTT西日本大阪病院において消化器内視鏡、消化器外科および胸部外科を担当する。
平成10年 2月 NTT西日本大阪病院外科医長
平成14年 10月 西宮市立中央病院外科医長
平成16年 9月 同院退職
平成16年 12月 松井胃腸科クリニック開設

専門分野

消化器内視鏡、大腸肛門病、消化器疾患、呼吸器外科

専門医、認定医

日本外科学会外科専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
日本大腸肛門病学会専門医、日本消化器外科学会認定医

ホーム
クリニックご案内
診察検査内容
内視鏡検査について
内痔核硬化療法剤による治療
ドクタースタッフ紹介
アクセスマップ
提携医療機関・その他リンク
コラム
©2005-2016 松井胃腸科クリニック